名古屋で注文住宅を建てるのに気をつけたいこと

愛知県名古屋市は、中部地方の中でも一番人口が多い年になります。その歴史も戦国時代からありますので、およそ600年の時代を経て街が発展した感じになります。もし中部地方のこの地域で注文住宅を建築するならば、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。気をつけるポイントは、一つは地形的なものです。地形によって自然災害に強い場所と自然災害に弱い場所があります。いくらお金をかけて住宅であっても、自然の力は強いですので、簡単に壊れてしまいます。そういう意味では、場所選びはとても重要になります。もう一つは、気候についてです。過ごしやすい住宅というのは、単に広い家というだけでなく、夏場はそれなりに涼しく、冬場もそれなりに暖かい住宅なのです。こういった点から住宅選びを考えることが大事でしょう。

自然災害に強い場所と弱い場所とは

名古屋は、濃尾平野の中心部にありますので、かなり広い台地がひろがっています。中心部から少し外れると高台などがありますので、大きな地震などに備えると高台の方が有利です。ただし、高台は若干不便な部分もあります。それは、アップダウンがあることや市街地の中心から遠ざかっていることです。また、地下鉄の駅などからは遠く、名古屋の中心部に通勤をする場合は多少時間がかかってしまうこともやむを得ないと考えましょう。そういったところに注文住宅を建てる場合は、災害についてそれほど気にしなくて良いです。まず大水に襲われる可能性は川の近くでなければありませんし、地震がきたとしてもわりと強い場所ですのでそれほど揺れません。平地の場合は高台と逆のことが言えます。昔のように洪水などを来たりすることは少ないですが、できるだけ海抜が高い所に住みましょう。

名古屋の気候にぴったりの注文住宅とは

では、気候にぴったりな注文住宅を建てる場合はどうしたらよいでしょうか。そもそも中部地方の中心部の気候は、冬場は結構寒いのが特徴です。夏場の暑さよりも、冬場の寒さの方が人々は答えると考えています。そうなると、住宅の建築の仕方も少し変わってきます。住宅向けの仕方は、すき間風が入らないような断熱性の高い住宅を建築するとよいでしょう。断熱性の高い住宅であれば、寒い空気が外に抜けていくことがなく、部屋を暖房したとしてもそれほど温まる時間は短くありませんし、それほど暖房費用を使わずに過ごすことができるようになります。ついでに、サッシも断熱性の高いものに変えてみると変わるかもしれません。さらに、外壁に塗る塗料を、断熱性塗料にすることによって、家の暖かい空気が外に抜けることを防ぎます。